2023-01-07

Arch Linuxで学内LAN(tuatnet)に接続する

by @vm-xeck

概要Link

Arch Linux で,wpa_supplicant と systemd を用いて tuatnet に接続する方法を説明します

対象Link

Arch インスコしたけど tuatnet に繋がらないよーって人

一応おうち Wi-Fi に無線で接続するところからやります

準備Link

情報なんとかセンターのサイトで tuatnet について学ぶLink

802.1x とか PEAP/MSCHAPv2 とか書いてあります

必要なパッケージを用意するLink

みんな大好き Pacman を駆使してかき集めます

知識?Link

私は初心者なので詳しいことは割愛させて頂きます. 詳しく知りたい方はこのへんを見ると良いんじゃないでしょうか

とにかく,tuatnet に接続するには DHCP クライアントと DNS クライアントが必要です. 先程用意したパッケージのうち,systemd にはsystemd-networkdsystemd-resolvedが含まれます. systemd-networkd はネットワーク設定を管理し,内蔵 DHCP クライアントを提供します. systemd-resolved は DNS クライアントの役割を果たします. これらだけでも有線接続は可能ですが,無線で接続するためにwpa_supplicantが必要です.

各ソフトウェアについて詳しく知りたい方は,リンク先の Arch Wiki を読むのがおすすめです. 記事で無線ネットワークインターフェイスという語が登場しますが, これは無線接続に使用されるネットワークカードのことです. 次のコマンドを使用することで名前を確認できます(たぶん wl から始まるやつです).

$ ip link

私のは wlp2s0 でした(隙自語)

設定Link

まず,systemd-networkd を設定して DHCP を有効にします.Link

/etc/systemd/network/25-wireless.networkを編集し,次のように書きます. 以下,wlp2s0は自分の無線ネットワークインターフェイス名に置き換えてください. Arch Wiki でいうとここです.

25-wireless.network
[Match]
Name=wlp2s0
 
[Network]
DHCP=yes

systemd-networkd を起動と同時に有効化(電源を入れた時自動で起動するように設定)します. 次のコマンドを使用します.

$ sudo systemctl enable --now systemd-networkd

次に wpa_supplicant を設定します.Link

当該記事を見ながらやっていきましょう. 接続には wpa_cli を使用します(他のでもいいと思います). /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant-wlp2s0.confを編集し,次のように書きます.

wpa_supplicant-wlp2s0.conf
ctrl_interface=/run/wpa_supplicant
update_config=1

次のコマンドで wpa_supplicant を起動します.

$ sudo wpa_supplicant -B -i wlp2s0 -c /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant-wlp2s0.conf

いよいよ接続します! まずはおうちの Wi-Fi で試してみましょう.

$ sudo wpa_cli

プロンプトが現れるので操作していきます.スラッシュ以降はコメントなので打たないでください.

> scan  // ネットワークをスキャンします

> scan_results  // スキャン結果を表示します 接続したいネットワークを探しましょう

> add_network   // ネットワークを追加します
                // 以降,ここで「0」と表示されたとして話を進めますが,
                // 別の数字が表示された場合はその数字を使ってください

> set_network 0 ssid "YOURSSID"  // YOURSSIDをSSIDで置き換えます
> set_network 0 psk "passphrase"  // passphraseをパスワードで置き換えます

> enable_network 0

> save_config

これで/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant-wlp2s0.confに設定が保存されているはずです.

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant-wlp2s0.confに tuatnet 用の設定を追加しましょう. 次の内容を追記します. Arch Wiki のこの部分です.

wpa_supplicant-wlp2s0.conf
network={
    ssid="tuatnet"
    key_mgmt=WPA-EAP
    eap=PEAP
    identity="user_name"
    password="user_password"
    phase2="autheap=MSCHAPV2"
}

user_name をあなたの TUAT-ID,user_password をあなたの TUAT-ID 用パスワードに置き換えます. network ブロックが複数になっていますが,これで大丈夫です.

大事なパスワードが書いてあるファイルなので,念のため閲覧権限を絞っておきましょう. 次のコマンドを使います.

$ sudo chmod 600 /etc/wpa_supplicant/wpausupplicant-wlp2s0.conf

それから忘れずに wpa_supplicant のデーモンを起動・有効化しましょう. インターフェイス名は置き換えてください(定期)

$ sudo systemctl enable --now wpa_supplicant@wlp2s0

最後に systemd-resolved を起動します.Link

今回のような単純な目的では特に設定は必要なく,次のコマンドを使用するだけです.

$ sudo systemctl enable --now systemd-resolved

終わりです.お疲れさまでした!

終わりにLink

本記事を書くにあたって,学外のしゅどぼに協力してもらいました. 感謝申し上げます

なお,本記事は初心者が書いているので,間違いなどを見つけたらボコボコにしてください. 訂正,質問,その他何でも筆者 Twitterまでお寄せください(ダイマ)

← 記事一覧に戻る